介護食宅配は冷凍弁当にすれば管理が楽チン!

加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。これまでと同じ食べ物を食べることが難しくなり、飲み込むたびにむせるようになり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。あまり食事をしたくないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆはごはんより水分が多いので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態になってしまうといいます。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。年齢とともに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護をする側もされる側も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。問題なく食事が行える目標の基準としてレベルごとに分けられているのが介護食です。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、それの通りに調理された料理を提供していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。また各老人ホームによりますが、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、美味しく食べられる調理法を教えてくれる老人ホームもあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとかなり助けになります。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。よりなめらかな方が好ましい場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見た目や味付けが悪いと、食に対する意欲が薄れてしまいます。口の中でまとまりやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を不自由なく動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、長生きであるという調査報告もあります。一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院中の高齢者の方の食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類の食事は出さないと決めました。病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスを求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。よく読まれてるサイト⇒介護食 宅配 冷凍